自分の車が持てない人には

カーシェアリングなんてものもある

移動手段としてどうしても自家用車が必要になる人もいる。そういう人たちにすれば車一台購入するだけでも、ある程度の経済力が求められます。とある知人も車を購入しろと職場から再三の通告に根負けして、マイカーを手に入れるようになった。買って便利だと話す反面、車にかける費用が高価すぎて嫌になると嘆く時もある。総体的に見れば購入して損はなかったとは話しているので問題ないが、購入したくても出来ない人もいる。

都市部であれば電車やバスといった通行手段を持ってして通勤出来る。中には自動車を使用して出勤する人もいるかもしれませんが、通常のサラリーマンの場合だと自家用車での出社は禁じているところが多い。最近では某テレビ局のアナウンサーが、とある大企業の会長から貰ったと言われている高級車で会社へ通勤をしていたことが判明するなどしている。アナウンサーと言っても所詮は社畜の内に加えられる、ちょっと高めのサラリーマンでしかないのだから思い上がりも甚だしい。

そんな皮肉も交えながら次の話として、自動車が持てなくても使いたい時に使用できるシステムとして『カーシェアリング』という物が存在している。これはレンタカーとはまた違い、使いたいときに使用する短時間での使用が念頭に置かれたものだ。初めて聞く人もいると思うので、まずは某大手カーシェアリングを行っている企業の概要を参考に話をしてみよう。

シェア大好き!

着物レンタル/留袖レンタル3980円,モーニングレンタルyumekouji.ocnk.net5250円,袴レンタル1980円,七五三レンタル3980円であります。まずはレビューをご確認ください!レンタルするなら京の夢小路にぜひおまかせください!

15分からの使用で

カーシェアリングを行っている企業は多数存在していますが、ここでは某駐車場を多く設置しているところとしても知られている企業のシステムを参考にしてみる。この企業で行っているカーシェアリングはガソリン代込みで『15分206円から』、というシステムにしている。時間単位としては15分刻みで利用していくことになるわけだが、基本的にその場で借りられるというものではなく、事前に予約してから自動車を使用する。

ここまで見るとレンタカーとの具体的な違いはなにかという点も気になる。先に話したようにカーシェアリングは短時間で使用するだけの人々に最適となっているが、それも時間によって大きく異なるところだ。ではレンタカー大手として知られている某企業と、こちらのカーシェアリングではどちらがお得なのかを比較してみる。今回は材料としてどちらも軽自動車を参考にしてみる。

6時間使用24時間使用
カーシェアリング4020円8230円
レンタカー5832円7236円

こうしてみると分かるように、レンタカーとカーシェアリングでは1日の使用となると前者のほうが安くなる傾向になりますが、6時間という1日の1/4の使用となった場合には、後者のほうが安く『約2,000円』程の差が出るようになっています。

利用用途によってまた料金に開きは出てしまうため必ずしもというわけではないが、カーシェアリングの場合は特に一日乗り回さないで数時間程度の使用であればレンタカーよりも安く仕上がると銘打っている。

わらしべ長者を目指す方へ

利用頻度による

車の免許を持っていれば身分証明書として有効だからという人もいるが、自動車を持ってなんぼのものだと考えている人は当然マイカーを所持したいと考えているはず。車を持てば色々と楽になるが、金銭的な面でなかなか上手く行かないと悩んでいる人もいるはず。それならカーシェアリングにしたほうが安上がりだろうと結論へ繋がる人もいるかもしれません、しかしそれも月にどれくらい使用するかで変わってくる。

毎月1回、2回程度しか乗用しなければありかもしれないが、それだけで済む人は早々いないでしょう。免許を持てばやはり日常的に乗り回したくなるもの、そう考えるとシェアリングするよりも実際に持った方が安上がりという場合もある。どうするかは場合によっても変わってくるが、必ずしも節約へと繋がる方法ではないと言う点を念頭に入れる必要はありそうだ。